ベルスタモール工法
Verstmole method of constructioon

1/2管でΦ3000㎜立坑からの発進を可能。(管径Φ800㎜~Φ1200㎜)

切羽前面に泥濃の作泥材を注入し、泥膜を形成するとともに、その圧力を管理することによって切羽の崩壊を防ぎます。そのため、泥濃式は他方式に比べて、地山の種類にかかわらず、取り込みすぎが少なく、管理が容易で、安定した掘進が望めます。

<特徴>

  1. 排泥処理装置の開発
  2. 交角95°の超急曲線カーブ推進可能
  3. 平面カーブ、縦断カーブ、温合カーブ、合成カーブが可能
  4. 超低推力実現により推進延長1km可能
  5. コンパクトな設備により、車上プラント可能

 

推進工法の施工経歴はこちら

Re-パイプシステム工法協会

Re-パイプシステム工法協会

制作実績一覧

LikeBox

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar