土壌汚染の調査・対策
Soil Contamination Countermeasures

近年、土壌・地下水汚染が社会問題となっており、対策として国会で土壌汚染対策法が成立し、2003年初旬より施行することとなりました。施行されると特定有害物質に指定された汚染物質が汚染基準値以下でないと土地の転売ができなくなります。

又、現在汚染されている土地で事業を行っているところなどでも現状悪化を防ぐためにも調査、浄化処置をおすすめします。

不溶化とは土壌が砒素や鉛・ふっ素などの重金属で汚染された場合、重金属を結晶化したり、鉱物化したりすることによって溶出することを防ぐ方法です。

吸着層工法は、重金属を吸着・不溶化する資材を敷設した地盤(吸着層)の上に汚染土壌を盛ることで降雨、土壌浸透水により汚染土壌が浸出する重金属を吸着して捕集し、不溶化することで地下水の水質を保全する浄化工法です。

Re-パイプシステム工法協会

Re-パイプシステム工法協会

制作実績一覧

LikeBox

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar