入社して学んでいること

こんにちは!

工務部第4グループの片野と申します。新入社員として、今年度4月から中村土木建設に入社しました。研修を終えた最近では、先輩方の現場に同行し、主に事務作業の面をサポートしております。

社内や現場で学ぶことは、日々の生活でも重要とされることや生かせることばかりです。大きな声で挨拶からはじめ、わからないことをそのままにせず、調べたり先輩や上司に相談するなど行動に起こすことや報連相は忘れないこと、現場で仕事を共にする協力会社の方々とのコミュニケーションも大切に行うことなどなど。 一見、簡単に思えるこれらの当たり前は、気を抜くといい加減になってしまいます。私は入社後、これらのことでたくさんのアドバイスや注意をいただいております。(先輩の方々、ありがとうございます)

失敗続きで落ち込むこともこの2か月の中で既にありましたが、学ぶという言葉は、真似ぶ、という言葉でもあるように、先輩が行う良い動きを真似て学習する心や、教えていただいたことを無駄にせず、これからの業務に生かすことを行いたいと考えます。

先輩や上司の方々のように、きびきびと判断し、正確に指示を出し仕事のできる元気な社員になれるよう、今日も一日頑張ります!

(この写真は泉楽通で下水道にプロファイルという耐震の為と水を流れやすくする道具を搬入し、とり付ける作業を行う際のものです)

 

 

関連記事

  1. BIM – Building Information Mo…

  2. 社内MG研修!!

  3. ノー残業デー

  4. 初めて任された橋の現場

  5. ナカミライズファームで葡萄の苗植え

  6. 工務部 ~ 私たちの毎日記録簿 No.2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar