安全パトロール

こんにちは!新人の片野です。6月1日から工務第4グループに配属となりました。現在は日々の事務業務を中心に行っておりますが、第4グループへの配属を機に、先輩たちの現場で働く姿から仕事のこなし方やマナーを学び、現場業務でもしっかりと働ける人材になりたいです!

それでは今回は、6月9日に同行した安全パトロールについてお話します。

安全パトロールとは、毎月一度、現場での事故を未然に防ぐために行われる業務です。複数名の社員や協力会社の方々が実際に工事が進む現場に立ち、その日の作業や、現場での掲示物(危険予知活動やこの現場で行われる工事の説明など)を見て、「ここは改善したほうがいいのではないか」、「ここは良いところだ」と、各現場の改善点や今後も継続的に行うべきと判断した取り組みを、パトロールに行った社員が一人ずつ挙げます。また、指摘された現場はその改善点を改め、安全衛生協議会にて是正報告をします。

私が最も関心を持った現場は、加家高架橋 第6径間という橋梁維持工事を行う現場でした。

この現場では、職人が橋の上で橋の塗装等を行います。高所での作業で粉塵や有機溶剤の蒸気を吸い込むおそれのある、危険な工事現場ですが、その危険を防ぐために、中村土木建設の現場代理人をはじめとする様々な人が日々事故を起こさないよう知恵を出し努力しています。

今回第6径間を含む4つの現場での安全パトロールを終えて感じたことは、現場を持つ先輩は日々知恵を出し、地域の方々や作業員の方々を守るために常に新しく良い発想を生み出しているということです。

今回の業務も、非常にためになりました!

(写真は今回のパトロールの是正写真となります。)

パトロールしたところ、近隣の病院までの経路図もあったほうが良いという指摘があったため、病院の経路図を掲示しました!

 

関連記事

  1. ナカミライズファームで葡萄の苗植え

  2. 入社2年目新人の初現場

  3. 入社して学んでいること

  4. 様々な視点

  5. グループ飲み会

  6. BIM – Building Information Mo…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar