外国人日本語レベルについてよく聞く日本語能力試験とは?

皆さん、こにちは

工務部グエン ミン ヴーです。

日本語試験で一番大きくて有名なのが、JLPTです。

JLPTとは「Japanese Language Proficiency Test」のことです。1984年から実施され、日本語を母語としない人の日本語能力を測定し認定するための試験です。

試験の実施は年に2回です。7月と12月に行われます。JLPTは日本だけでなく、海外の主要都市でも受験することができます。

日本語能力試験は何級ならビジネスレベルなのか?

JLPT(日本語能力検定)では英検同様、「読む」力と「聞く」力の試験でレベル認定します。N1, N2, N3, N4, N5の5段階のレベルがあります。Nは「日本語」の略になります。一番やさしいレベルがN5です。一番難しいのがN1です。

N5N4では主に教室内で学ぶ基本的な日本語が理解できるかのレベルです。漢字の読みは小学生低学年の漢字の読みが理解できるレベルです。一般的な社会生活ではスーパーやコンビニでの買い物が出来たり、パーティーの場などで敬語は使わずに簡単な自己紹介が出来て、相手の話も住まいや年齢、家族構成の話しが出来るレベルとなります。

N3は短文理解や言い替え表現など日常的な場面での日本語が理解できるレベルです。仕事でいうとレストランのホールでの接客やオフィスでの簡単な談話の取次やゆっくりしたスピードの会話なら会議に参加することも可能です。日本語のみで日本人と一緒に働くことが可能なレベルです。このレベルになると簡単な日本語を使う仕事、マニュアルがある仕事が可能になります。

N2,N1レベルまで達すると基本的に日本語に関しては何も問題がありません。日本語の新聞も読む事も出来て、会議や打ち合わせの場でも通常のスピードの聞き取りも大丈夫で積極的に発言を求めることが出来るレベルです。漢字は中学生以上のレベルの漢字の読みが出来ます。(参照 日本語能力検定ホームページ)

今、私はN3の資格を持っています。普通の生活の会話ができますが、もっと日本語能力をアップしたいので、今年N2を取得する予定ですが、コロナウィルス感染対策のため、試験は中止になりました。残念です。試験がなくても、毎日勉強しています。教科書の勉強だけではなく、映画やアニメを見ることは一番良い方法だと思います。また、来年試験があれば、ぜひ参加します。

関連記事

  1. ついに稼働!!

  2. 2級土木施工管理技士の資格

  3. 体調管理

  4. 歩道橋ネーミングライツパートナー事業

  5. 救命救急講習

  6. ~ブログ勉強会~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar