そろそろベトナムのお正月

こにちは、工務部第4グループのグエン ミン ヴーです。

ベトナムのお正月について紹介します。

ベトナムでお正月はテトと呼びます。テトは旧暦に基づいて決められますので、毎年変わります。2021年のテトは2月12日です。テトの前に家族のみんなで大掃除をしたり、テトの飾りをしたり、料理の準備と買い物をしたりして、とても楽しいです。

テトを祝う花だと、北部ではピンクの桃の花、南部では黄色の梅の花を家の玄関と中に飾ります。

そして、テトの代表的な食べ物としてはバンチュンというモチ米料理です。テトには、どの家に行っても、一緒にご飯を食べると必ずバンチュンがでます。他に、テトのお菓子と果物もあります。

家族皆できれいな服を着て、お寺などに行ってお祈りします。

その後お墓参りをし、家に帰ると、親戚やその年お世話になった人の家を訪問して、新年のお祝いをします。

また、日本のお正月と同じように、人々は子どもたちにはお年玉をあげたり、互いにお祝いの言葉を伝えあったりします。

テトでは、元日の初めての来客者が、新年の幸運に影響を与えると考えられています。テトの日で一番重要視されています。

今年、コロナウィルスの影響なので、ベトナム人の皆さんは帰られませんので、残念です。

関連記事

  1. 🌸明日から4月🌸

  2. 旬彩ふき島 行ってみた

  3. 旬彩ふき島(旧富木島寿司)

  4. ついに稼働!!

  5. ナカミライズの通信事業

  6. 4月です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar