ケコム工法 
KCMM method of construction

◆ケーシング立坑のパイオニア

ケコム工法
MS-HBMは油圧無振動・低騒音型機械で、作業中の上空制限は7.5m、現場条件に制約の多い市街地に最適です。
従来工法に比べて多くの作業が標準化、または省略され、大幅な工期短縮・工事費の低減が可能です。
円形立坑を構築することにより、開口面積の縮小が図れます。また、同一立坑から任意の方向へ複数の推進ができるので、発進立坑の構築が最小限ですみます。
掘削土は、MS-HBMではハイドログラブにより直接ダンプトラックに積み込み処分します。現場内は常に清潔で安全な工事ができます。
MS-HBMは水中掘削のため、補助工法無しで滞水地盤での施工が可能です。

<特徴>

  1. 人力による掘削・土止め材の建込みを必要としないので安全な工事ができます。
  2. バケットの掘削反力をケーシングにとる為掘削力が大きく、礫・玉石層での施工も可能です。
  3. 掘削と土止めを同時に行い、坑内に注入して底部からのボイリング・ヒービングを抑えています。また、ケーシングをマンホール構築用型枠として利用するので、土止め材の撤去がなく、地盤沈下等による周辺への影響がありません。
  4. オールケーシング土止めにより立坑構築時には、薬液注入等の補助工法を一切必要とせず、工期短縮及び工事費の低減となります。

推進工法の施工経歴はこちら

Re-パイプシステム工法協会

Re-パイプシステム工法協会

制作実績一覧

LikeBox

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar